皮膚から身体を緩め痛みを緩和する

自律神経調節治療の専門家 

院長の談  昌亮

(ダン マサアキ)です。

 

  

 

★なぜ、皮膚なのか?

 

少し昔の話をさせてください。

 

 

私は男ばかり3人兄弟の長男なんですが、私が5歳の時、2歳下の弟が小児脳性麻痺となったのがきっかけで、将来医療の職に就きたいと思うようになっていました。

 

そして医学部を目指して勉強していたのですが努力足りずに浪人していた時、今度は母親が胸椎の圧迫骨折および急性の脊柱管狭窄症で入院、手術を余儀なくされます。

 

 

三番目の弟の進学のこともあり、これ以上浪人していく訳にもいかないので、どうしたものかと考えていた時に内科医の叔父の「医師だけが人の身体に携わる職業ではない。」という言葉で、当時日本で唯一の鍼灸大学であった明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学)を目指し入学いたしました。

 

その時ゼミで行った体組織を超音波画像診断装置(エコー)で観察しながら鍼の前後で筋組織の変化を見るという試みは当時世界的にも珍しい研究だったと思います。

 

また、ここで行った人体解剖の経験も後に機能解剖を絡めた手技治療に役立っています。

 

 

明治鍼灸大学を卒業したのは1998年、当時関西医科大学大学院の研究室からお誘いをいただいていたのですが研究より臨床に出たいという思いがあったのでそれを断り、初めて務めたのが東大阪市にある鍼灸整骨院でした。

 

 

そこで直面した現実とは・・・

 

 

 

「とりあえず揉んでおけ」というもの。

 

 

 

そもそもあなたは整骨院、接骨院というものにどのようなイメージをお持ちでしょう?

 

捻挫を治療するところ

脱臼や骨折の応急処置をするところ

ケガの後療(いわゆるリハビリ)

 

といった答えはむしろ少ないのではないでしょうか?

 

 

手技治療においてこれではイカンと考えた私は、AKAを練習して実践し、少しずつ効果を出すようになっていきます。

 

同時期にカイロプラクティックを学んだりもしましたがAKA、カイロのいずれも「関節機能」に焦点を当てた治療体系で骨以外の筋肉や腱、靭帯といった軟部組織に対するにはどうすればいいのか悩んでおりました。

 

 

 

そんな中出会ったのが「触圧覚刺激法」でした。

 

触圧覚刺激・・・そう、

「皮膚」への刺激です!

 

 

 

あなたの身体になにか刺激を加えようとするとき、あなたの身体で最初に触れるのは皮膚です。

 

皮膚というのは身体を覆い守るというだけの組織ではなく外界の情報と身体の動きを常にに脳に伝えているセンサーです。

 

乱暴に刺激を加えると皮膚からの交感神経性反射で防御反応が起きて筋肉は緊張し、痛みに敏感になります。

 

それを無視していきなり筋肉をゆるめたり、骨格調整をしようとして骨を探るのは不可能です。

 

 

触れない筋肉や骨格を調整しようと言ってもナンセンスですよね?

 

 

まして強いマッサージや、いきなりバキバキなどは微細な組織を損傷させるばかりで全く意味がありません。

 

一方、皮膚刺激では自律神経の反射によって筋緊張を緩めるため、副交感神経が優位になります。

 

要は非常にリラクゼーション効果が高く、副作用がありません。

 

つまり、あなたの身体に向き合って原因を解決しようとした時、最も早道なのが皮膚刺激なのです!

 

 

  

 

★実は身体を治すのに魔法はないんです。

 

 

あなたの身体の症状に対するとき、その道筋は地道なものです。

 

あなたのお話から仮説を立てます。

ささいなことに大きな手掛かりが隠れていることがあります。

どんなことでも遠慮せずにぶつけてください。

 

症状と仮説のすり合わせを行います。

整形外科においてさえ徒手検査を行わないことがありますが、当院では愚直に基本を大事にしています。

これによって画像では見えないことも明らかになります。

 

検査した結果と考えられる原因を説明します。

そのうえでどのような計画で治療するか決定していきます。

納得がいくまで何でも聞いてください。

 

検査結果と仮説から何をすべきかが決まります。

まずは皮膚刺激から、必要最小限の刺激であなたの悩みを改善に導きます。

 

実際に行った施術が正しかったか確認します。

実はこれが大事、これがないと仮説が正しかったのかどうかも判別できず、漫然とした施術になります。

 

次回予約の目安をお伝えしますので予約と会計をしていただいて終了です。

お大事にしてください。

 

 

いかがでしょう、まだるっこしく感じますか?

 

 

ですが、どんな身体の不調もこの経過をたどらないで治りません、仮に何かの効果があればそれは偶然に過ぎないのです。

 

 

当院では「この症状にはこの方法」といった方法論ありきの施術ではなく、理論と検査と検証を繰り返すことで偶然ではなく理論的、科学的にあなたの身体の悩みの真の原因に迫ります。

 

 

  

 

当院の技術は全国的にも注目されています。

 

横浜での専門家向け技術セミナーの風景。

 

 

 

談昌亮先生の施術はちょっと珍しいAKA療法や触圧覚刺激法といった、痛くない、優しい 刺激で無理なく身体を調整する手法。

 

私自身、漢方薬の内服や操体法という健康法で痛みの自覚はなかったのですが、体験してみますと、幼少時の古い怪我で凝り固まった頸背部の筋肉が、奥からほぐれ、格段の爽快感がありました。しかも効果が長く持続します。

 

外反母趾の予防のポイントも教えていただき大助かり。

 

お人柄、手技ともに太鼓判の治療家、談先生の施術を是非、体験なさってみて下さい。

 

メディア掲載

からだにいいこと11月号 「美と健康を叶える凄腕サロン&ショップ」のページ

 

 

実録!!長年の痛みでも徹底的に話を聴き原因を究明する。あなたの街のゴッドハンドたち

 

 

 

 

この料金をあなたはどう感じるでしょうか?

 

湿布や痛み止めを使い続け、効くのかも微妙なマッサージや注射をこの先も続けていくのなら、それもあなたの選択です。

 

 

逆に

 

これ以上無駄なお金と時間を費やしたくない!

なにより体の悩みで自分の人生をこれ以上無駄にしたくない!

 

とお考えならぜひ私に相談してください。

 

 

あなたを苦しめている身体の悩みを卒業まで導きます。

 

20年以上をかけて培い、現在もなお発展し続けている知識と技術が

 

あなたの明日の夢を叶えます。

 

 

 

とはいってもあなたの不安は拭いきれないと思います。

 

 

先生が怖い人だったらどうしよう?

 

良いことばかり言ってるけど自分に合うのかしら?

 

本当はただのマッサージじゃないか?

 

初めての治療院に行くのはとても勇気のいることだと思います。

 

 

そこで私からあなたへの提案です。

 

 

ご連絡の際、必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

 

 

これであなたが良くなる可能性を感じていただければと思います。

 

 

もしも、痛みが取れたら何をしますか?

もしも今より歩けたら・・・

あなたの「もしも」を聞かせてください。

その原因と解決策を一緒に考えましょう!

明日の夢を叶える・・・

すのめをなえる

そんな治療院でありたいと想います。

_

当院はすべての患者様に院長が対応いたします。

お一人お一人に誠実に対応するために

予約優先制になっております。

 

 

 

 

 

最新情報