〒577-0824 大阪府東大阪市大蓮東1-15-13
近鉄大阪線 弥刀駅 徒歩3分 駐車場:1台有り

お気軽にお問合せ・ご相談ください
06-6224-3308
  日祝
9:00~12:00 ×
16:00~20:00 × ×

膝痛 変形性膝関節症
 

このような症状はありませんか?

膝が痛くて痛み止めを飲んでいる。

病院で月に2回以上の頻度で膝に注射をしている。 
膝に水が溜まる、整形外科で抜いてもらってもすぐに戻る。
膝の痛みで出かけるのがおっくうになる。
家族や友達と膝を気にせずに出かけたい。
いつも痛むので庇ってしまい、姿勢が気になる。
膝の内側や膝のお皿の周りが痛くて曲がらない。
歩こうとしても痛みや痺れで一歩が出ない。
座っていてもキリキリ痛んで仕事や勉強に集中できない。
いつも杖が手放せない。
しゃがむと膝裏が痛くて曲げられない。
 

膝の痛みや痺れ、水が溜まるには必ず原因があります。

しかしそれは往々にしてその場所にはありません。

 

にも拘らず

膝が痛い→膝をマッサージ

水が溜まる→水を抜く

これではあなたの悩みは何も変わりません。

 

真の原因を探るために必要なもの、それは機能解剖と生理学の知識そして正確な検査です。

 

「今までにいろいろな治療院に通ったが良くならなかった。」

「整形外科に行ってるけど痛みが取れない。」

 

という経験をお持ちであれば、それは痛みや痺れの真の原因を探れていない可能性が・・・

あなたの悩みを改善するためには表面上の症状だけでなく、全身、全体を診て原因を突き止めることが大切です。

 

仮にCTMRI検査から整形外科で変形性膝関節症の診断を受けていたとしても痛みの原因が膝にはないことが多くあります。

 

実際に膝の痛みは「軟骨のすり減り」が原因ではありません。

「膝の軟骨がすり減って痛い」と説明を受ける方が多いのですが、実際は軟骨には神経が通っていません

仮に軟骨に神経が通っていたらどうなると思いますか?
おそらく変形の全くない健康な状態でも立つだけで激痛を感じるでしょう。

つまり、膝の軟骨が多少すり減ることはあなたの膝の痛みの原因ではないのです。

 

ではなぜ痛むのでしょう?

膝には限りませんが、全ての関節は関節包という袋につつまれています。

そして関節包の内側の膜(滑膜)が非常に敏感な組織なのです。

関節包が敏感なのは、それによって関節の角度や圧力を常に脳に伝えています。
また膝の水(関節液)もこの滑膜から出てきます。

この関節液によって軟骨などが栄養されています。

関節包が炎症を起こすと痛むだけでなく、消炎のために大量の関節液を排出します。

このため関節包が膨らみ、滑膜が引っ張られることで痛みが強くなります。

また、膝の内側やお皿(膝蓋)の周りが痛い場合は筋肉や靭帯などの軟部組織の影響があることが多く、その場合腰や股関節、足首など膝自体に原因がないことがほとんどです。

 

膝への注射を繰り返すと関節包を傷つけて肥厚させて曲げ伸ばしがしにくくなるばかりか、何度も注入されるヒアルロン酸によって軟骨が劣化するとの報告もあり、事実欧米ではほとんど行われていません。

人工関節は一見万能のように見えますが、その耐用期間(長くて20年程度、活動量が多いと短くなる)や術後の衛生管理の難しさ、可動域の減少と共にやってはいけない動作ができるなどのリスクがあります。

現実に手術をしたけど膝が痛むという方は少なくなく、やはり自分の身体の一部を人工物に入れ替えるというのは、全ての可能性を考慮した最後の手段と考えるべきではないでしょうか?

 

この事実をどう思われますか?

 

実際に、当院の患者様にも変形性膝関節症の診断を受けているにも関わらず膝の痛みから解放されて仕事や日常生活に復帰されている方や何度も水を抜いていたのに抜かなくてもよくなった方、月に2回は注射をしていたけどその必要が無くなった方がたくさんおられます。

そして手術後に痛む方が回復された例も多くあります。

 

そのポイントは

 

痛む部分が筋肉や靭帯などの軟部組織に一致する。

関節水腫がある場合に遠隔からの自律神経異常が疑われる。

悪性腫瘍や急性破壊性炎症などのレッドフラッグと言われる症状ではない。

 

などの状態によって見分けられます。

当院では変形性膝関節症や膝水腫などの診断を受けてこられた方はもちろん、すべての患者様に必ず詳細な検査を行った上であなたの痛みの原因を明らかにして説明をさせていただいています

当院での膝痛、変形性膝関節症への施術の特徴

原因をしっかりと把握します。

原因を知るためにまず大切なのはあなたとの対話です。

お話をよく聞く事であなた自身が気づいていない日常習慣でのクセや原因となる姿勢などを掘り下げます。

その後理学検査や場合によっては脈や舌を診るなどの東洋医学所見を取っていくことで、様々な面からあなたの悩みの原因を探ります。

当院ではあなたとの対話を重視するので

Be spoken (対話) という言葉から

ビスポークケア を謳っています。

抵抗のない施術です

当院の施術の最大の特徴である皮膚刺激。

なでるような刺激や指先を当てることで筋緊張を緩めると同時に交換神経と副交感神経の調節を行います。

その後に骨盤や背骨の関節の動きを出すことで下肢の自律神経の調節を促し痛みや晴れを緩和させます。

これらの技術は触圧覚刺激法、AKA、SJF、アナトミートレインといった治療体系に基づいており、マッサージや世にいう「ソフト整体」などとは全く異なった概念のものです。

長年の研鑽と専門家への教育に当たってきた実績で安心して施術を受けてください。

 

アフターフォロー

施術後は日常における注意点や簡単なセルフケアをアドバイスします。

また、施術の時間だけが大事なのではありません。

特に脊柱管狭窄やヘルニアの治療ではあなたの日常生活習慣の見直しが重要です。

そのために施術後に感じた疑問や体調の変化などお悩みになる前に、LINEやお電話でいつでも遠慮なくお尋ねください。

 

施術の流れ

お問合せ

お電話やLINEでご連絡ください。

お電話の場合お時間があればある程度のお話を伺います。

施術中などこちらの時間がない場合折り返しお電話させていただきます。

LINEであれば休日や時間外でもご連絡頂けますので是非ご利用ください。

お問合せの段階でも

・考えられる可能性

・私がお役に立てるかどうか?

などお答えできる範囲でお答えいたします。

ご納得いくまで何度でも遠慮なくご相談ください。

問診票をご記入ください

ご来院いただきましたら問診票をご記入いただいた後、問診をおこないます。

お話の中でどんなことがヒントになるか分かりません。

こんなことを聞いたら恥ずかしいかな?などとは思わず、何でもお話くださいね。

問診後、治療方針をお話してご納得いただけましたら施術をおこないます。

施術

施術を行います。

皮膚刺激による施術は文字通り皮膚への軽い刺激で行いますので、特に初めての時は何をしているのか分かりにくい場合があります。

可能な限り説明と確認をしながら施術を行いますが、分からないときは遠慮なく訊ねてください。

 

 

通院の説明と次回予約

施術後、今後の見通しとどれくらいの頻度で通院いただくかを説明いたします。

また、2回目の施術時には治療に関する計画表をお渡しいたします。

施術後も不安な点やご質問があればご遠慮なくお問い合わせください。

 

医師からの推薦

談先生の施術はちょっと珍しいAKA療法や触圧覚刺激法といった、痛くない、優しい 刺激で無理なく身体を調整する手法。

私自身、体験してみますと、幼少時の古い怪我で凝り固まった背部の筋肉が奥からほぐれ、格段の爽快感がありました。しかも効果が長く持続します。

座位が多いので腰痛予防のポイントも教えていただき大助かり。

お人柄、手技ともに太鼓判の治療家、談先生の施術を是非、体験なさってみて下さい。

患者様の声

ちょっとの段差がツライ・・・

東大阪市 T様

・もともと右の坐骨神経痛様の症状で整形外科での治療を行ってらっしゃいましたが今度は左膝の裏が痛み出したという状態。

整形外科でブロック注射を受けられてましたが著変なく左膝も炎症と水腫が出来ていました。

・まずは下肢の自律神経の調節を促したいと考え体幹と骨盤の動きを出したところ、坐骨神経痛の症状は早期に軽減しましたが、左膝の炎症と水腫を収めるために鍼とお灸を併用しました。

T様の声

腰の痛みで整形外科に診ていただいたら坐骨神経痛ということでブロック注射などをしていただいていました。そのうちに右膝が痛み出し膝の裏がつっぱって少しの段差が下りられないようになり困っておりました。

たまたま先生の所の看板に「お話ししましょう」と書いてあるのを見て相談したところ、よくお話を聞いていただいてお任せしようと思いました。

初めは皮膚の刺激って何だろうと思っておりましたが、腰の痛みや右膝の突っ張りが落ち着き、左の膝にも水が溜まったりもしましたが鍼とお灸を続けていくと階段や坂道も平気になってきました。

月に1回ハイキングにも行けるようになって本当に助かりました。

松葉杖で歩いていました。

東大阪市 Y様

・初めてお越しになられたときは松葉杖をついてらっしゃいました。

両膝ともに変形性膝関節症の状態で整形外科では人工関節置換術も検討する必要があると提案されている状態。

・可動範囲も狭くなっていましたが、大きな炎症などは起こっておらず臀部や大腿部の筋緊張が強かったため、それらを緩和することで変化があるか見てみましょうということで、骨盤操作と大腰筋刺激からの下肢への自律神経の調節を促してみたところ、痛みが軽減したようです。

Y様の声

5年前に突然膝痛で立てなくなり、整形外科で膝が変形していると言われて以来、場合によっては松葉杖で歩いている状態でした。

関節注射や痛み止めなどをもらい、毎日シップも使っていましたが目立って変化がなく人工関節の手術を勧められている矢先でした。

初めのうちは松葉杖で通いましたが、何回目かの治療で杖を使わずに歩けるようになりました。

その後めきめきと良くなり、膝の変形はあるものの痛み止めやシップも使わくなりました。

今では自転車も乗れるようになり毎日の生活には不自由なく過ごしています。

ありがとうございました。

施術料金

アユカビスポークケア(ボディケア) 8,500円
鍼灸(ボディケア込み) 12,000円

とは言え

「どんな先生なのかしら?」「そうは言ってもただのマッサージと違うの?」

など、初めての施術をうけるのには色々と不安があることと思います。

そこで、ここまでお読みいただいたあなたに私からの提案です。

*鍼灸併用の場合は 初診\13,500- → \5,980- となります

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
06-6224-3308

営業時間:午前9:00~12:00 午後16:00~20:00
定休日:日曜・祝日・土曜午後

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

06-6224-3308

<営業時間>
午前9:00~12:00
午後16:00~20:00
※日曜・祝日・土曜午後は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/07/27
夏季休診のお知らせ
8/11日祝日診療いたします。
8/12(金)~8/16(火)休診します。
2022/02/14
「施術のご案内」ページを更新しました
2022/02/11
「アクセス」ページを作成しました

アユカ鍼灸整体院

住所

〒577-0824 大阪府東大阪市大蓮東1-15-13

アクセス

近鉄大阪線 弥刀駅 徒歩3分 駐車場:1台有り

営業時間

午前9:00~12:00
午後16:00~20:00

定休日

日曜・祝日・土曜午後