膝が痛い!


今年になって初診でお見えになられたK様のお声を頂くことができましたので少しお話いたします。

 

K様は70代女性、ビルの清掃にお勤めの元気な方です。

 

「膝から腰にきて歩けなくなり 主人にアユカに連れていかれ歩けるようになりました。

これからも腰の治療に通います。」

 

この通り初めてお見えになられた時は、杖を突かれた上にご主人に抱えられるようにしてお越しになられました。

 

主訴は左膝の痛み、なるほど膝蓋跳動(いわゆる膝に水が溜まって膝のお皿が浮いている状態)と炎症があり体重を掛けると痛みます。

また当院を受診されるまでは1ヶ月程整形外科で、いわゆる水を抜いたり注射をしたりといった治療を受けておられました。

よくお話を伺うと仕事柄前傾姿勢が多く、以前から腰や下肢の痛み(いわゆる座骨神経痛のような痛み)で悩んでおられたようです。

そして検査では明らかに左の仙腸関節の動きが悪く、膝を固定して歩こうとする為にスネの内側が緊張して足首が内返しになっている状態でした。

 

そこで、あえて膝には手を付けずに仙腸関節を動かした後に下肢の自律神経の調節を行なったところ、直後に膝蓋の跳動が半分以下になり加重ができるようになりました。

当初はボディケアを中心として仙腸関節の動きを出す治療を行ない、その後数日はご主人に付き添っていただいてましたが、2週間を経ずに杖も必要なくなりました。

 当時仕事も休んでおられましたが現在は無事復帰されており、以前からお悩みだった腰から下肢の痛みも軽くなっている様子ですが、軽度の腰椎椎間関節の変性と脊柱管狭窄があるために鍼治療O2クラフトを用いて定期的にケアをしていこうとお話をして計画しております。

 

「痛い場所が痛みの原因ではない」ということが往々にしてございます、治療の方法ももちろん大切ですが原因をきちんと探ることがより治るための近道ではないかと考える症例でした。

お悩みの方は一度ご相談下さい(^^)