産前、産後のケア


本日はすごく嬉しいお声をいただきました。

実名OKということで、お写真中央の若いお母様、節安様です。

妊娠安定期に入られてから腰痛に悩んでおられました。

 

 

実は学生時代から診させていただいていたのですが、その方がご結婚されてお子様を出産される…

非常に、非常に感慨深いものがありますね。

 

 

妊娠中は赤ちゃんが大きくなるにつれ荷重が前方にかかって骨盤が前傾しがちになります。

そうすると腰椎の前弯が強制されて運動学的に腰痛が発症しやすい状態になります。

 

また妊娠3ケ月辺りから産後にかけて放出されるリラキシンというホルモンの作用によって靭帯の弛緩が起こります。

このおかげで赤ちゃんが生まれる際に骨盤が開いて出てきやすくなるのですが、ホルモンなので骨盤だけでなく全身に作用します。

 

そして靭帯の中には機械刺激受容器(この場合伸長刺激に反応するセンサー)がありますので、ホルモンによって靭帯が弛緩すると引っ張られるという反射によって周囲の筋緊張がおこりやすくなります。

 

こういった作用によって妊娠中は腰痛だけでなく膝痛や全身の倦怠感といった症状が出やすいわけです。

ちなみに生理の前にもこのホルモンが作用しますので生理痛の一因でもあります。

 

 

このような産前、妊娠中においては、仙腸関節の操作などいわゆる骨盤矯正として行うような刺激を加えるのは適当ではありません。

まして赤ちゃんがいるので強い刺激は絶対NGです。

こういう時は骨盤周囲を中心に関節を安定させる(と脳に感じさせる)ような刺激が必要ですね。

 

逆に産後は数日でリラキシンの効果が薄れますので骨盤周囲の関節を安定させたり前弯強制された腰椎のアライメント調整、骨盤底筋群をしっかり活動させる、などの処置が有効になります。

 

産後の骨盤の安定性回復には以前に記した拙ブログ記事 続・産後の骨盤 にも記しておりますのでご参考くださいませ。

 

 

そんなこんなで元気に生まれた女の子、超カワイイですね。

因みに赤ちゃんが私の顔を見ると高確率でメガネを狙ってきます、「なんだそれ?」みたいな感じですかね(^^;

産前、産後の症状はガマンせず、さくっと治して赤ちゃんはいっぱい抱っこして、お母さんの笑顔を見せてあげてください。

 

東大阪市で触圧覚刺激、AKA、鍼灸、腰痛、膝痛美顔鍼灸、酸素治療交通事故治療のアユカ鍼灸整骨院でした。