自転車、ちゃんと乗ってますか?


6月1日から自転車の交通取り締まり強化となりました。

皆さんも交通ルールにはお気をつけくださいね (*´∀`)

 

 

 そんなフリはさておき、今日は交通ルールではなく自転車と姿勢のお話です。

 

 

先日、腰痛を訴える患者様が「自転車に乗ると 肩と背中が突っ張って腰が痛みだす。」ということをおっしゃいました。

その日も自転車でお越しでしたので少し見せていただくと・・・

 サドルの角度とハンドルまでの距離に問題がありましたので、本来の業務外ではありますが、お話して調節してみました。

そして翌週、お加減をうかがうと非常に調子よく治療効果も持続しているとのことでした。

 

今回の患者様のようなスポーツ自転車に限らず一般に自転車というのは非常に身近で手軽な乗り物でして、それゆえ乗車姿勢やこぎ方などは意識されたことのない方が大半だと思います。

当院でも日常レベルの運動としては歩くことをオススメしていますが、そのような目的でウォーキングをする時は歩き方に気をつけるように、自転車にもいくつか気をつける点があり、日常生活や仕事で自転車を使う頻度が高い方ほどこれがなんらかの症状に関係していることがあります。

よく「自転車にのったら腰に悪い。」などと簡単に言う方がいらっしゃいますが、自転車に乗れないと行動半径が狭くなったりと結果的にその方の生活の質の低下にもつながりかねません。

単純に自転車のせいにするのではなく、日常動作やスポーツでの動作と同様にその使い方をちゃんと考えてみるのが吉かもしれませんね。

 

意外なところでのお身体の使い方で痛みが改善するよ・・・という出来事でした。

 

 

ちなみにアユカ鍼灸整骨院でも可能な範囲でのご相談は承りますが・・・自転車の調整はちゃんと自転車店で相談してくださいね(^^;

 

写真はワタクシ所有の「ピナレッロ ガリレオ」、えぇ、今回はかわいいクロスバイクでしたので余計に気になった元チャリンコレーサーです  σ( ̄∇ ̄;)

ではまた!