練習、そして胸郭の動き


皆様、GW終盤いかがお過ごしでしたでしょうか?

5月23日に都島「Dia Glomour」にて行なわれる演奏会の練習に参加してきました。

オーナー様のご好意でお店を使わせていただいてのんびりゆったり、でもしっかりと練習させて頂きました(^^)

写真は・・・格好だけはいっちょまえですがハジをかかないようにがんばります(^^;

で、フルートを吹いて「胸骨がキュッとする」と仰る方がおられたのですが、胸郭(肋骨全体、胸骨、胸椎のいわばカゴの構造)の動きが悪い時に肺活量を使おうとするとこのように感じることがあります。

現代社会では日常生活や仕事、様々な場面で肩や背中を前傾させて使うことが多く、知らない間に胸郭の動きが制限されていることがよくあります。

このようになると当然肩コリが起こるだけでなく、吸気量が少なくなり、「眠りが浅い」、「疲れが取れにくい」といった原因にもなります。

楽器だけの話ではなく、知らない間にあなたの体を苦しめているかもしれない「胸郭の動き」・・・

肋骨や胸椎の動きをだすと「息が吸える!!」と驚く方がいらっしゃいます(^^)(もちろん窒息されていたワケではなく施術前後の違いを感じておられるのですが)

気になる方は一度ご相談ください、アユカボディケアにて対応いたします。