交通事故に遭われた方

当院で行っている触圧覚刺激法やAKAといった治療法は、もともとリハビリテーションで用いられているものであり、交通事故後の後遺症に多いむちうち症や腰背部痛、手足のしびれなどに絶大な効果を示します。

 

事故後に病院や整形外科で受診、診断をいただいた後に治療を当院で希望されるということを、保険会社の担当者にお伝えいただければ受診いただけます。

受傷からある程度の時間が経っている症状(※)でも治療できる場合がございますのでご相談下さい。

※一般に発症から3~6ヶ月以上が経過しており、事故との関連付けが難しいなどで保険会社の同意が得られない場合、治療費は自費の扱いとなります。

交通事故に遭ったら・・・

◎不幸にも交通事故に遭われケガをされた方の苦痛を少しでも取り除くためのお手伝いをいたします。

 むちうちなどの交通事故に伴う様々な痛みや不調は、事故直後には大したことはなくても数日~数ヶ月後経ってから症状が悪化してしまうことがよくあります。

 

当院では、事故の状況やケガの症状、その後の経過などを詳しく確認させていただいた上で、お一人お一人の症状にあわせた治療を行い交通事故後遺症(むちうち症状、腰痛など)、首、肩、背中、腰、手足などの捻挫のためにむちうち症状や腰痛など痛み全般やシビレに対して、早期回復をお手伝いしております。

 

交通事故は、一般的なケガよりも体に掛かる負担が大きいケースが多く、適切な治療を行わない場合、後遺症に悩まされることもありますので、早期の治療が最も重要になります。

 

アユカ治療法

交通事故治療のポイント

交通事故治療(人身事故の場合)のポイント

■ 加害者の住所・氏名・連絡先・自賠責保険の加入先を詳しく聞く。

■ 医療機関で検査を受け、診断書をもらう。相手もしくは保険会社に施術を受ける病院整骨院等を連絡する。

■ 警察に事故届・診断書を提出する。(右記書類がないと、自賠責保険を適用できません。)

■ 病院へ通院しながら、あるいは病院から整骨院へ切り替えての通院が可能です。すぐご相談ください。(先に相手方、保険会社に了解を得てください。)

 

治療費は?


患者様(被害者)に負担はかかりません!

 

交通事故での負傷(後遺症、後遺障害)を任意保険・自賠責保険で治療いたします。

次のような方は、是非ご相談ください。

■ 交通事故を起こしてからから、現在治療中であり示談が済んでいない。

■ 他の病院、整骨院・鍼灸院などの治療で変化が見られない方。

 

自賠責保険とは? 

■ 患者様(被害者)負担はありません!

■ 加害者の自賠責保険の適用となります。

■ 自賠責保険は120万円/1人を限度に支払われます。

 (この限度額には「治療費・慰謝料・休業補償・入院中の諸雑費・交通費など」が含まれています。)

■ 1回の事故で複数名の被害者が出た場合は、それぞれの被害者に対して、上記の限度額を上限に保険金が支払われます。

■ 保険期間中、複数回の事故を起こしても、そのつど上記の限度額を上限に保険が支払われます。

■ もちろん、整骨院での施術を受けることも可能です。

 

任意保険(自動車保険)とは?

■ 任意保険は車の所有者が任意で加入する保険で、加入自体は義務付けられていません。自賠責保険に比べて幅広い自動車事故に対応可能な保険です。

 

施術費について

■ 施術費の負担金はありません、全額保険給付となります。(整骨院通院のための交通費も全額請求できます)

 

各種証明書について

■ 事故証明書は、警察で発行できます。

飲酒運転と保険について

一般に自動車保険は一切使えないと思われているようですが、実際には対人賠償保険と対物賠償保険の2つは使うことが出来ます。

任意保険でも被害者の救済のために、2つの賠償保険から保険が被害者に対して支払われます。

 

搭乗者傷害保険、自損事故保険、車両保険など、運転者側を保証する保険は使えません。

重大な違法行為の飲酒運転での交通事故ですから、被害者は救済されなければなりませんが、加害者まで救済する必要はないからです。

 

飲酒運転はもちろんしてはならない行為ですが、それでも飲酒運転による交通事故は後を絶ちません。

万一、飲酒運転による交通事故を起こしてしまったら、「飲酒運転による厳罰、保険金は支払われないなら逃げてしまえ」などとならないで、最低でも被害者に対する金銭的保証は保険から出来ると考えて、被害者の救助にあたりましょう。